穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 穴水の未来を考える会 | メイン | 能登半島地震直後の写真 »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

RSY浦野さんからの報告。岩手、宮城内陸地震【10報】

皆様

浦野です。
24日(火)夜に名古屋に戻ってまいりました。

入れ替わりで、25日(水)午後より、黒田裕子さん(阪神高齢者・障害者支援ネットワーク代表)が入られ、地元社協さんと一緒に避難所ケア・環境整備についてサポートされております。

○現地の様子
・被災された方からのボランティアニーズも日に日に増え、地元ボランティアさんを中心に
お手伝い下さる方も多くなっています。

・県社協ルートから、市社協本体のサポートに南郷町社協Nさん、日野災害ボランティアネットワーク
Yさん、にいがた災害ボランティアネットワークRさんも入れ替わりで応援に入り初めています。

また、市社協内でも支所との連携をとりつつ、避難所等できめ細かい対応ができるような体制も整ってきました。

○緊急ボランティア会議の開催
・24日(火)午後より、地元ボランティア団体を対象に実施されました。

・会の目的は、①社協のこれまでの動きの報告②被災された方が抱える課題の共有
③「自分たちにもできることはある!」という気づきと「地域みんなで応援していこう!」
という機運づくりです。

・50名以上が参加し「今後地域で応援していきたいこと」として、以下の具体的な意見が出されました。

[すぐにでも取り組みたいこと]
・送迎ボランティア(買い物・病院・断水地区へ水の運搬など)
・ペットなどの一時預かり、お散歩

・肩もみなどマッサージ
・家の片付け

・お茶飲み会の開催
・子どもの遊び相手(読み聞かせ、手遊びなど)

・外に連れ出し一緒に散歩
・地域の老人宅に訪問し話を聞きいく

・理髪のボランティア(パーマやカット)
・炊き出し、食事づくりや後片付けを一緒に行う

・体を動かすレクリエーション(ビニールバレーボール、ゲートボール、ペタンクなど(数ヵ月後)、ゲーム、お手玉、折紙など)
・用事のある方や散歩する方に自転車を貸し出す

[中長期的に取り組みたいこと]
・今後の生活の方針について一緒に考える車両の提供など)
・元気付けるメッセージを届ける(「あなただけではないよ、同じ被災者同士皆で力を合わせて頑張ろう」という思いを届けたい)

・農作業(田畑・お花などの手入れ)の手伝い
・餅つき大会

・七夕祭り(短冊、折紙を笹竹に吊るす)
・演芸(踊りや歌を一緒に歌う、腹話術、紙芝居など)

・映画上映会
・一緒に花などを植えたりする(外に出る、水をやったりとか)

・仮設住宅への訪問と話し相手
・仮設住宅の手伝いをしたい

これらの意見を一つでも実現していけるよう、今後は地元社協さんを中心に企画
化されていくことと思います。

また、この会議にはNPO法人せんだい・みやぎNPOセンターにもオブザーバーとして参加して頂きました。

今後、県内のボランティアやNPOとしても、上記にだされた意見も含めて、長期的に栗原を応援して行こうと、地元社協との連携・協力に合意しました。

また、「一緒に元気を出していきましょう!」というメッセージを届けたり、思いを共有する際のツールとして、地元社協さんに神戸から生まれた「まけないぞう」と穴水から生まれた「ホットちゃん」を紹介しました。

早速、栗原バージョンとして「がんばるベアー」(方言で、頑張ろう!を頑張るべ!というらしいで
す)という名前で、避難所の方やボランティアさんと一緒に手拭タオルを作りたいと意気込んでおられました。

今後、穴水の仮設の方や神戸の方々とタオルを通じて交流を持つことができれば、
お互いの大きな支えになるのではないかと思いました。
 

     
○今後の動きについて
市社協の体制が整ってきたこともあり、今後は名古屋から現地の動向を見守りつつ、必要に応じてスタッフの派遣や支援活動を検討・実施していきます。
引き続き、皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
〒464-0032
名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
TEL:052-783-7727 FAX:052-783-7724
Mail info@rsy-nagoya.com
urano@rsy-nagoya.com
Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************