穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« [RSY-ML:00250] 宮城県七ヶ浜町報告【第 19 ・ 20 ・ 21 報】 1 週間の動き | メイン | 【募集】東日本大震災の街頭募金( 6/11 ) »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

【募集】宮城県七ヶ浜町支援ボランティア第 20 ~ 24 陣

【募集】宮城県七ヶ浜町支援ボランティア第 20 ~ 24 陣


皆さま

RSY事務局です。いつもお世話になっております。
このたびの東日本大震災におきまして、当法人が名古屋からの支援を続けている宮城県七ヶ浜町でボランティア活動をしていただける方を、以下の要領で募集いたします。
被災地ではまだまだ多くのボランティアの力が必要とされています。
ふるってご応募ください。


1.活動期間
・第20陣:6月16日(木)~6月20日(月)
・第21陣:6月19日(土)~6月23日(木)
・第22陣:6月22日(水)~6月26日(日)
・第24陣:6月28日(火)~7月2日(土)


2.申込締切(定員に達し次第、締め切らせていただく場合があります)
・第20陣:6月12日(日)
・第21陣:6月15日(水)
・第22陣:6月18日(土)
・第24陣:6月24日(金)


3.募集人員
・第20~22陣:15人ずつ
・第24陣:20人


4.応募条件
・心身ともに健康なかた 
 ※20歳未満のかたは保護者による「参加承諾書」の提出をお願いします。
・出発場所(当法人事務所:名古屋市東区泉1-13-34 名古屋建設業協会2階)に当日朝8時までに来られる方
・帰着後にアンケートにご協力いただける方(今後の活動に役立てます)


5.参加費 一般:7,000円(移動費5,000円、宿泊費500円×4泊)
       学生:4,500円(移動費2,500円、宿泊費500円×4泊)


6.保険
お住まいの市町村の社会福祉協議会で「ボランティア保険」(地震や津波によるケガも補償する「天災プラン」BかCを推奨)の加入手続きをしてください。


掛金は自己負担(地域によって違いますが300円~1000円ほど)。
参加が決定した方は、加入を証明する書類のコピーを出発の2日前までにFAXかメールの添付画像でお送りください。
出発時に未加入の方は参加をお断りします。


7.申し込み方法
 以下のメールフォームからのお申し込みに限ります。
https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/viewform?hl=ja&pli=1&formkey=dHFpQjZla1YzNzN2c2lsSW5IUnkzcHc6MQ#gid=0
8.日程と活動内容
 1日目 8:00 当法人事務所集合、受付
      8:10 事務所内でミーティング
      9:00 事務所前をマイクロバスで出発
      20:00ごろ 七ヶ浜到着予定
      ※食事は各自道中のSAでとります。


 2日目~4日目
      終日、ボランティア活動
 >>ボランティア活動一日の流れ
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/vola_nagare.pdf 

5日目 9:00ごろ 七ヶ浜出発
      20:00ごろ 事務所前到着予定、解散
      ※食事は各自道中のSAでとります。

 
ボランティア活動の内容
 ・主にきずな館での活動(きずな館や仮設住宅集会場での喫茶にて住民の方との交流、避難所などでの足湯、きずな館だよりの作成など)


 ・主にボラセンでの活動(家屋の掃除や泥かき、仮設住宅への引っ越しの手伝い、戸別訪問によるニーズの掘り起こしなど)


 ※その他、きずな館での食事や掃除などは参加者が協力して行います。
次の利用者が使いやすいように工夫を反映しながら行ってください。
  

9.滞在場所
 〒985-0802 宮城県七ヶ浜町吉田浜字野山5-9、屋内ゲートボール場スパーク七ヶ浜内「ボランティアきずな館」


・2階建てプレハブ/畳敷きの宿泊室あり(30畳2室、布団なし)/水道、電気、ガスあり(ただし余震によって止まる可能性あり)/風呂なし/食材あり
(あいち生協様よりご提供いただいています。基本的にその食材を使って参加者で自炊をします。

場合によってはおにぎりやカップラーメンなどになる可能性もあります)


※すぐそばに公衆トイレあり


※近隣の施設でシャワーが使用可能(参加人数によって全員が毎日使えるとは限りません。
定休あり)


※徒歩10分以内にヤマザキショップ(~21時)とSEIYU(24時間)あり
 >> きずな館利用案内
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/kizunakan_riyou.pdf

10.必須の持ち物
 寝袋/5日分以上の着替え(半袖もあると良い)/防寒着(朝晩はまだかなり冷えます)/洗面用具/シャンプー/タオル/石鹸/使い捨てマスク/自分用の食器(コップ、はし、スプーンなど)/食器拭き用ふきん


※泥だしなどの作業ボランティアをご希望の方は、汚れてもよい丈夫な靴/作業用の厚手のゴムや革の手袋/長靴/防塵マスク/ゴーグルをご持参ください。


詳しくは、>> 水害ボランティアマニュアルを参考にしてください。
ただし、必ずしも希望の活動に参加できるとは限りません。


※支援物資なども積み込みますので、荷物はできるだけコンパクトにまとめてください。


紛失や盗難に対して当法人は責任を負えません。
すべての荷物に名前を記入するなど自己管理を徹底してください。
また、安全靴(ステンレス入り)やうがい薬をお持ちの方はご持参いただくとよいかと思います。

-- レスキューストックヤードを支えてください。
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/nyukai/post-13.html
RSY事務局
******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
461-0001 名古屋市東区泉1-13-34 名建協2F
TEL:052-253-7550
FAX:052-253-7552
Mail info@rsy-nagoya.com
Web http://rsy-nagoya.com/ ******************************************