穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« RSY栗田さんからの報告 第4報 | メイン | 穴水町の9月のイベント予定 »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

RSY浦野さんからの報告 第5報

皆様

お疲れ様です。

岡崎市災害ボランティアセンターで活動している浦野より、以下の報告が入りま
したのでお知らせします。

◆被害
・床上浸水 660戸
・床下浸水 700戸
(8月29日(金)現在)

◆現状
名鉄東岡崎駅から南側で、被害がひどいと思われるところを訪問。
地域によっては、「何度も水についているところなので、対処はなれている。

高齢者などの要援護者宅に対しても、近所で助け合ってやれているので、ボランティアがこなく
ても、何とかなっている」と、助け合いの機能が働いているところもあった。

しかし、一方でぬれた畳の上で生活している要援護者世帯が、消防団からの情報提
供によって発見されるなど、取り残されてしまう方も出ている。

地域や家族が機能しているところは、29日の段階でたたみ上げまで終了していたところもみられた。

声の上げにくい人たちの声を細かく拾っていく工夫が重要となる。

◆本日の活動 および 組織体制と活動内容
○センター長(市社協事務局長)

○総務班

○ボランティア班
・ボラ受付(ボランティア保険加入/費用は愛知県負担)
・事前オリエンテーション
・活動紹介とマッチング
・資機材
・活動報告

○ニーズ受付班
・約20~30件程度の依頼あり(家屋の清掃中心、消毒の配布など)
・活動紹介表の作成
・現地までの地図作成

○ニーズ調査班
・地域の総代・民生などとチラシ配布のローラー作戦

○配車班(ボラ送迎用、活動用車両)
・送迎バスの確保 など

◆災害ボランティアセンターのスケジュール
8:00 スタッフ集合
8:05 ミーティング開始
9:00 ボランティア受け入れ
15:00 活動終了
17:00 ミーティング

◆ 被災者の声
○二人暮らし世帯
・ 母(80代・女性・リウマチあり)、息子(40代・男性・脳障害あり)

・夜中に浸水にあった。
自分はリウマチでたたみに直に座ることもできない。

息子も病気なので、家の水を書き出す作業を自分ひとりでやった。
もう必死だった。

自分がしっかりしなければと思った。
気が付いたら、腕から肩にかけてあざだらけになってしまった。

昨日から一睡もしていない。息子も早朝から午前中に発作を起こしやすいので、無理はさせられない。たたみの上まで水がきたので床下がどうなっているのかが気になるが、こんな体では上げられない。

すっかり疲れてしまったので、食事を作る気にもならない。
こうして手伝ってくれると聞いて、とてもありがたいと思う。

○30代・女性
・床上50センチだった。
こんな目にあったのは初めて。胸まで水に浸かってしまった。

明け方から水を出したりとにかく動きっぱなし。(妊婦さんや乳幼児世帯もあり、疲れと、対応に苦慮されていた)とにかく、また雨が降ったらどうしようと不安でいっぱいだ。

○40代・女性
・毎年のように水に浸かっている。
3年前に浸かった時に床上浸水になったので、新築した。

しかし、床下に水が入り、台所にも水が来てしまった。家族がいるので対応できるが、車が2台駄目になってしまった。

○福祉施設(高齢者グループホーム)
・約50cmほどの浸水。
居室の布団まで水にぬれた。

利用者は一時近くの老人ホーム等に緊急入所。
職員のみで掃除等後片付けをしている。

できれば、大人数で手伝ってもらえると助かる。
3日程度で復旧の目処を立てるようにと行政から言われており、早く作業を進めたい。

エアコンや扇風機などの電化製品が水で壊れてしまった。
修理にかかる費用について、どこからか補助がでるのか?消毒は誰が
やってくれるのか?など今後相談できる窓口がほしい。


引き続きご支援とご協力をお願い致します。

******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
〒464-0032
名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
TEL:052-783-7727 FAX:052-783-7724
Mail info@rsy-nagoya.com
Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************