穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 穴水町のイベントは、行こうよin穴水商店街 | メイン | RSY浦野さんからの報告 第14報 »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

RSY松田さんからの報告。

みなさまへ

事務局・松田です。
おかげさまでこの報告を多くの方々が読んで下さっており、何人もの方から応援の声や
ご意見を頂戴しております。

特に有難いのは、RSYや名古屋のボランティアがこれまでにお邪魔した被災地の方々から
励ましのお言葉や物資の提供のお申し出を頂いていることです。

これには、私共スタッフのみならず、今、地元名古屋で活動を続けるボランティアさんたちが
「本当にうれしい」と心から喜んでおりました。まずもって、愛知から深く御礼申し上げます。


私は先日来、生まれて初めて水害の被災地、しかも大都市名古屋の被災地に入って、ボランティアの
存在の呼びかけ、雑巾がけや畳運びをお手伝いしています。

「ニーズ」と呼ばれる「助けて!」の声を消すことはできますが(こちらが聞かなければよいだけ)、
声が消えることはありません。

毎日数件の声が着実に届いています。
この数件の向こうに、都会に埋もれている数十件の「声」があることは容易に想像できるでしょう。

埋もれている声を少しでも拾い出すには、ご近所、町内会、民生委員、マスコミ等々、こうした方々が
持つ僅かな社会との接点にどうにかつながるように、あらゆる方面からアプローチするより他ありません。


RSYや神戸から支援活動を続けてきた震つなの諸先輩は災害直後に「もう一人の命と生活を救う」ことにこだわって活動を続けてきました。

私もそれに納得したつもりで、時には知った風に講演で述べたりしてきたわけですが、今回初めてそ
のことを体で感じ取った気がします。

一声をかけなければ本当にそのまま見過ごされ、カビた畳に埋もれ、その後の生活が決定的に不能になってしまうだろう方々が、この社会にはおられるのです。
それはお年寄りとは限りません。


「災害は社会格差を増大する」「防災に有効なのは地域のつながり」「都市生活は便利だが災害時には脆い」
などと災害にまつわる「常識」は多々あります。

一日の災害ボランティア活動はこのような経験則の全てを実証すると言っても過言ではありません。
こうした言葉を実感を込めて主張したいと思う全ての人に、ボランティアをおススメします。
220万人都市名古屋に100人のボランティアでは、全く足りません。


--
******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
〒464-0032
名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
TEL:052-783-7727 FAX:052-783-7724
Mail info@rsy-nagoya.com
Web http://rsy-nagoya.com/
******************************************