穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 能登半島地震二周年祈念の集い | メイン | ネットショップコンテスト石川2008 初代グランプリに選ばれました »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

岩手・宮城内陸地震

皆様
栗田です。お世話になります。

昨年6月に発生した岩手・宮城内陸地震から 8ヶ月以上が経過しました。

RSY・震つなが支援し続けている被災地(主に栗原市耕英地区・花山地区)では、現
在にも10名もの方が行方不明であり、かつ避難指示が続いており、いまだ山に帰るこ
とができない状態にあります。

被災された方々は、義援金の配分では到底足りない日々の生活費を、アルバイトや臨
時雇用を探し出したり、さらには預貯金を崩しながらの苦しい生活を余儀なくされて
います。

早く山に帰るめどが立たないと肝心の「生業」の見通しが立たず、一日も早
い避難指示の解除と仮設道路等の復旧が待たれているところです。

ボランティア支援も、震つな会員のとちぎやふくしまの仲間が「復興支援の会」を設
立し、空き家店舗を借りて、被災者の憩いの場として地道に支援を続けています。

また、栃木や福島も他県で遠方なので、「宮城」の応援が本格化されることに期待が寄
せられていました。

そんな中、先月の15日に第1回の「栗駒・花山の現状と私たち宮城の市民に何ができ
るかを考える集い」が開催され、栗田も参加してまいりました。

被災地の現状や課題が報告され、その後、参加者がグループに分かれて「栗駒・花山」の
復興の姿について意見交換しました。

主催は被災者当事者団体のほか、みやぎ・せんだいNPOセンターや宮城県社会福祉協議会など
県内の著名団体が集い、いよいよ宮城の応援部隊が結成されることに、とても頼もしく充実した会
であったと思っています。

3月13日・14日には、第2回の同会が開催されます。

RSY・震つなとしても引き続き支援して参りますので、当日は浦野が参加予定です。
支援されたい方、興味のある方など、どなたでも参加できますので、お申し込みいただければ
幸甚です。

●栗駒・花山の現状と私たち宮城の市民に何ができるかを考える集いⅡ
 http://www.minmin.org/info/2009/02/19_1736.php

●2/15の様子はこちらから
<続・雨ニモマケズ風ニモマケズ>
  ■宮城県民による復興支援(2009年2月15日(日))
   http://blog.canpan.info/coco/archive/264  

■くりこま自然学校からも(2009年2月15日(日))
   http://blog.canpan.info/coco/archive/265

それから、花山のおかあさんたちも動きだしてます。
こちら↓の 記事内容もぜひご覧ください。

  ●作品を復興の力に 仮設住宅の女性ら「工房」設立(2009年02月23日月曜日)
   http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1029/20090223_01.htm

******************************************
特定非営利活動法人レスキューストックヤード
〒464-0032
名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F
TEL:052-783-7727 FAX:052-783-7724
Mail info@rsy-nagoya.com
kurita@rsy-nagoya.com
Web http://rsy-nagoya.com/
****************************************