穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 能登穴水町・田植えの準備始まる | メイン | 去年のサクラ »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

レスキューストックヤード事務局

皆様

お世話になっております。
中国四川大地震からもうすぐ1年が経とうとしております。

この間RSYでは、「パンダタオルプロジェクト」を立ち上げ、遠く離れた日本
からででもできる支援を模索しながら取り組んでまいりました。

そこで、四川の現状とパンダタオルプロジェクトの取り組みの様子をお伝えすべ
く、第3回目の現地報告会を開催する運びとなりました。

日程が差し迫った中でのご案内でまことに恐縮ですが、皆さんお誘い合わせの上、ぜひご参加くださ
い。よろしくお願い致します。

報告会のチラシは以下のアドレスからダウンロードできますので、周知のご協力
も合わせてよろしくお願い致します。

チラシ
http://www.rsy-nagoya.com/rsy/blog/shisenhoukokukai3.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  以下案内文(転送大歓迎)

中国四川大震災パンダタオルプロジェクト第3回現地報告会

2008年5月12日に発生した中国四川大震災。
震災からもうすぐ1年が経とうとしています。

RSYでは昨年有志で「中国四川大震災パンダタオルプロジェクト」を立ち上げ、「被災地を忘れない・思いを馳せる・気持ちを届ける」をキーワードに日中友好のシンボルであるパンダを象った手拭タオル「パンダタオル」とメッセージカードを作成し、被災地に送る活動を始めました。

現在までに聾学校や国際交流に関わるイベント、当方主催のパンダタオル手作り教室等、多
くのみなさんのご賛同をいただき、活動の輪が広がっています。

また、11月には約60個のパンダタオルを被災地の子供たちに届けることもできました。
しかし一方で、被災地の様子はメディアから取り上げられることも少なくなり、被災
地の風化は深刻な課題となっています。

そこで現地で継続的な支援を行っているNGOスタッフや、パンダタオルの追跡取材のために現地入りした番組ディレクター等をお迎えし、被災地の現状についてご報告いただくとともに、継続的な復
興支援のあり方について改めて考える機会を作りたいと考えています。

皆さん、ぜひご参加下さい!


日時:4月27日(月)19:00~21:00
会場:名古屋大学環境総合館4階 地域防災交流ホール
<地図> 
名古屋大学災害対策室HP右上の「問合わせ、交通手段」をクリックしてください
 http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/taisaku/*参加費無料、申し込み不要
*会場へは、なるべく公共交通機関をご利用ください

<内容>
[基調報告]
吉椿雅道さん(特定非営利活動法人CODE海外災害援助市民センター)

[パネルディスカッションと意見交換]
○パネリスト 
・椿佳代さん(RSYパンダタオルプロジェクトボランティアスタッフ)
・箕輪幸徳さん(V-MAXディレクター)
・吉椿雅道さん(特定非営利活動法人CODE海外災害援助市民センター)
○アドバイザー
渥美公秀さん(日本災害救援ボランティアネットワークNVNAD理事長)
○コーディネーター
栗田暢之(特定非営利活動法人レスキューストックヤード代表理事)

<主催>特定非営利活動法人レスキューストックヤード
<共催>財団法人名古屋国際センター(申請中)、特定非営利活動法人CODE海外
災害援助市民センター、日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)

<問い合わせ>
特定非営利活動法人レスキューストックヤード事務局/浦野・柚原


-- ****************************************** 特定非営利活動法人レスキューストックヤード 〒464-0032 名古屋市千種区猫洞通5-21-2 ライフピア本山3F TEL:052-783-7727 FAX:052-783-7724 Mail info@rsy-nagoya.com urano@rsy-nagoya.com Web http://rsy-nagoya.com/ ******************************************