穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 筋子 能登ではスズコ | メイン | 能登のダンゴ汁 »

TOP> 名古屋のNPO団体RSYの震災支援の報告

日本財団から連絡

みなさま

名古屋の松田です。
前回のヘルプコールに多々お返事を頂いたにも拘らず
ご返信をおろそかにしてしまいすみませんでした。

先日日本財団から連絡があり、「川から始まる!穴水商店街復興プロジェクト」に対し助成を頂けることが決定しました。

皆様方からの智恵の結集の結果と考えております。これから一年間がんばりましょう。

以下、5月のサロンのご報告です。

【参加者】竹端・河原(穴水)、嶽(いやさか)、豊田(石川高専)
田中(金沢大)、高島(富士常葉大)、吉田(京都大)、松田(RSY)

【話題】
・民謡バンド「やゆFISH」さんと穴水のかかわりについて
・以前活力再生部会で行ったボート運行について
→ 商工会→郵便局→商店街一周→B&G のコースで約2時間
→ 活力再生部会の報告書有り。参考にできる。(竹端さん)

・次回カフェローエル(8月22日)時のボートについて
・かき貝の活用について
(松田宿題)森山さん、廣瀬先生に改めて取材。

・四面会議シートの利用について(吉田)

【次回】
6月25日(木)19時~ 江尻屋にて

※25日の開催をどうするか、毎度議論になってますが、
とりあえず、とりあえず~の形で25日に落ち着いています。

サロンに出てこられない方々もぜひメール上でご意見頂ければ
と思います。

松田


コメント (2)

akiko:

松田さん ご苦労様です。良かったですね。
川のある暮らしテーマで もっと参加できる人が増えていくと思います。
石鹸のつかいかた 水を浄化する植物を川のひたひたな部分に育てる
水中プランター的なもの、 牡蠣の殻と炭を合わせる。
遊びでは筏レースや 屋形船 灯籠流し、昔あったものですよ。
来週は こどもエコクラブで川の汚れ調べもする予定です。
穴水では ほっとちゃん前より もりそば川の方が綺麗でした。昨年のデーターです。自然の護岸があり 水生植物があるので カワセミもみました。
七夕ころは 蛍がでます。例年 6月の最後の土曜日に 穴水のうるち地区である 虫送りが素敵な行事です。 水田 川 と共に生きてきたこと 思わせられますよ。 

あきこ:

良かった 有り難うございます。
がんばりましょう 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)