穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 雑草の力 | メイン | 穴水駅前 舗装工事 »

TOP> 能登の魚達を紹介

能登の小魚

能登の小魚

能登の小魚

小魚の名前分かりますか?

上から言います。
向かって右端がベニズワイの足身。
袋に入っているのがベット(コノシロ)。
横の茶色の魚がハチメ(メバル)

中の右端から、尻尾だけ見えているのがボラ
横の縞の魚はチンチン(石鯛の子供)
フグ、ウルメイワシの順番です。

真ん中の左の箱
上を向いて口を開いているのが、ガンガラバチメ
その下にチョコット見える白い魚はクチボソガレイ
縞模様のチンチン
背中の毒針を切られたオコゼ
一番左がアゴ(トビウオ)

一番下の右端からです。
尻尾だけ見えるのはカワダイ(クロダイ チヌ)
横の口の広がったのがクルマダイ(マトウダイ)
クルマダイの下に見える赤っぽい魚はアカダイ(マダイ)8

左の箱がハチメ(メバル)
真アジ
カマス、ウマズラハギ、タナゴです。
どれ位の魚の名前分かりました。