穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 宮城県栗原市へ | メイン | 「くりこま高原カントリーファーム」の菅原耕一さん »

TOP> 穴水町商店街復興委員会・事務局

宮城県栗原市へ 2

◇宮城県栗原市へ 2◇

宮城県栗原市へ

各テーブルに分かれて、皆さんと夜の8時まで懇親会が開かれました。

宮城県栗原市へ

地元の方達は餅をついて、もてなして下さいました。
生姜の入った餅、旨かった。

宮城県栗原市へ

会場になった、みちのく伝創館はりっぱな建物で、子供さんやら学生さん、それに一般の方達も数多く利用されているのに、ちょっと驚きました。

コメント (4)

あきこ:

お忙しい中 ご苦労さまでした。新聞に載ってましたね。
みなさん 勇気つけられたと思いますよ。
疲れをとって休んでね~これから ますます 忙しくなりますから、、。 山古志からの 向日葵が 高く高く夏の日に負けないで咲いていますね。 今度 子ども達に向日葵の絵をかかせようと思っています。村長さんの畑のも 見に行きました。種をみんなに 分けたらいいですね。向日葵の種も神戸からのなんですよね。 ばったり会った村長夫人が話してました。 種を取ったり 袋いれたり お手伝いできそうです。

あきこさんへ
行ってきました。
日ごろの行いが良いせいか、乗り継ぎが良く4時間30分でいけました。

栗駒耕英地区の方達は本当に喜んで歓迎してくれました。
大きな農場をしている菅原耕一さんから大吟醸が昨日送られてきました。

今度落ち着いたら、もう一度ゆっくり行ってきたい所です。
漬物旨かった。

大吟醸一緒に飲むのにしまっておきますね。

帰りの羽田で蕎麦を食べていたら滝井先生夫妻と会いました。
私が滝井先生と声をかけるとビックリしておられましたよ。

先生は今月の9日に宮城県へ行かれます。

あきこ:

ワ~っ楽しみ 公ちゃん ステ-ジあげたね。きっと
無欲で何かの為に動いてるときって 見えない力が後押ししてくれる、、。いい感じで出会ったり トントンと進んだり、、。人生っていろんな事起こるけど 無心で前に行こうとしてる時に 運気が押してくれることが時々あるよね
人と人が支えあうって そうなんだな~と思います。
苦難にあったら まんま受けとめて 明けない夜はないさ~と やり過ごしてきたけど。いつも自分に力や勇気をくれたのは そんな無償の見返りの無いことでした。自分の中の
根性よしのダラのところが 増殖して打たれ強い何かになっています。苦難の中で 本当が見えたり 出会ったり出来るよね。

あきこさんへ

見返りはいりませんね。
刈羽村へ行った時もそうでしたけど、他の震災に
あった方達の話を聞けば安心されるんですよね。

自分らにも出来るし、大丈夫だと思われるんだと思います。
それと笑いと笑顔で接することが大事だと思いました。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)