穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 第二回穴水町素人川柳大会全作品3 | メイン | 富士常葉大学環境防災学部・被災地研修 »

TOP> 穴水町商店街復興委員会・事務局

富士常葉大学環境防災学部・被災地研修

皆様

 富士常葉大学の高島です。
 12月17日より予定しております。
 本学環境防災学部学生の研修に向けて、
 皆様には、様々な形でご支援・ご協力をいただき、まことにありがとうございま
す。
 
 11月25日のサロンの結果を踏まえた、
 本学環境防災学部の学生の研修プログラム案を
 送付させていただきますので参考にしていただけますと幸いです。
 よろしくお願い申し上げます。

富士常葉大学環境防災学部・被災地研修(案)
富士常葉大学・高島

1. 目的 
・被災地の復興まちづくりの現場で、再建・復興の様子を見学させていただくと共に、復興に携われている方々にお話を伺い、まちの再建・復興における地域の人々の取組の実際を学ばせていただく<特に、地域の人々の自立的、自発的な取組を中心に>。

・可能であれば、現場での活動を通して、ささやかながら地域の再建への取組に貢献する。

2. 日時
 平成20年12月17日(水)~19日(金)

3. 参加人数
 富士常葉大学・環境防災学部・学部生 18名(男子15名・女子5名)
 大学院生 2名
 教員 2名     富士常葉大学環境防災学部・教授・池田浩敬
富士常葉大学環境防災学部・准教授・高島正典

4. 宿泊先
 学生・教員  キャッスル真名井(予約済み)
〒927-0027 石川県鳳至郡穴水町字川島井の61-1
TEL:0768-52-3030 FAX:0768-52-3031

 バス運転手さん 日本観光旅館 ときみね海遊(予約済み)
〒927-0027 石川県鳳珠郡穴水町字川島キ-3
TEL:0768-52-0254 FAX:0768-52-1500
中型バス駐車可(確認済み)

5. スケジュール(案)
※話し手・場所はあくまでこちらの希望です。今後調整させてください。

12月17日(水)
7:00 大学出発(バスで移動)
15:00 穴水町役場着 挨拶
15:30 キャッスル真名井着(チェックイン)
 バスの運転手さんは「ときみね・海遊」へ移動・宿泊
16:30 穴水町の解説と災害対応・生活再建支援の説明(キャッスル真名井大広間)
    災害対策本部の活動について(関さん)
避難所対応について(松尾さん)
    生活再建支援について(菅谷さん)
    質疑応答
    会場(3F会議室)予約済み PC・プロジェクター用意の必要あり
18:00 夕食(3,150円で予約済み)
20:00 自由時間

12月18日(木) ※「まちづくり株式会社・和倉」に依頼
7:30 朝食
8:30 キャッスル真名井発(バスで江尻屋に移動)
9:00 穴水町商店街の歴史、まちづくりの話(吉村さん・江尻屋)
9:40 地震を経験しての話 (松田幸四郎さん(江尻屋))
10:40 復興まちづくり整備の話(東さん・現地)
11:00 仮設住宅の話(皆森さん・G325の皆さん、心のケアハウス?)
12:00 昼食(ほっとちゃんに依頼し商工会でいただく)
13:00 ほっとちゃん開店までの話(皆森さん、辻本さん、佐々木さん)
14:00 まち歩き(班別行動)
○ドラゴンボートに乗り、川から見た穴水町をデジタルカメラ、デジタルビデオカメラで撮影する。(2個班)
    (雨天時は、江尻屋の改装の手伝いと江尻屋ができるまでの話(池上さん))
○地震からのすまい、商店の再建、産業体験(干物作り)(北川さん)(1個班)
○地震からのすまい、商店の再建(幸寿司さん→小森さん→来迎寺さんコース)(1個班)
    ○カフェローエル等、商店街の活性化に向けた取り組み(加藤さん→カドさん→穴水大宮さんコース)(1個班)
16:30 まち歩き終了 江尻屋前に集合(北川さんグループ以外は、バスで渚さんに移動 15分程度)
17:00 懇親会(渚さんでバーベキュー※雨天でも実施可能な施設あり)
19:30 渚さん発(バスで移動)
20:00 キャッスル真名井着(自由時間)

12月19日(金)
  7:00 朝食
8:30 キャッスル真名井発(バスで門前地区に移動)
9:00 門前支所で町役場職員の方に同乗いただき、道下地区を通過しながら車窓より開設をいただく。
→門前支所の総務課長さんに確認済み 確定した時間を後日お知らせする。
9:45 総持寺見学
10:30 門前町商店街の見学(星野さんに受けていただけるか?→星野さんは手仕事屋さんの主人。手仕事屋さんに予約を入れる際連絡)
12:00 昼食(手仕事屋さん)※そばアレルギーの学生用メニューは可能か?→有機米おにぎり(何人いるか?)
13:00 門前地区出発(バスで移動)
20:00 大学着

6. 研修内容
1) 穴水コミュニティアーカイブの作成
 穴水町商店街の家屋の再建の様子、復興への取組(ストリートファニチャー、カフェローエル、ホットちゃんなど)、まちの魅力の画像・動画を、Googleマップ上で整理し、穴水町の活性化・まちづくりを発信していくウェブコンテンツを作成し、穴水町に提供する。
http://www.fuji-tokoha-u.ac.jp/anamizu/anamizu.htm

2) まちの復興に携わって来られた方々のお話を伺う(1件1時間程度)。

7. 確認事項(高島、和倉さんのどちらで確認するかも含めて)
1) 2日目午前中の講演者の承諾、会場(商工会or江尻屋さん?)の承諾
確認状況
吉村さん 了承済み
松田栄四郎さん 了承済み
東さん 高島がコンタクト
皆森さん 了承済み
G325さん RSY松田さんがコンタクト

2) 昼食の予約・価格、会場(商工会2F会議室)の承諾
800円前後でお願いしたい。
確認状況
ほっとちゃんへの依頼
会場

3) まち歩きの際に訪問する世帯、商店の承諾
確認状況
北川さん 済み
幸寿司さん
小森さん
来迎寺さん
加藤さん
イドさん
穴水大宮さん
池上さん(ドラゴンボート雨天中止時) 済み

4) バーベキューの参加費(研修費に盛り込むか?学生が別途支払うか?)
  研修参加費でカバーしきれない部分については、学生から別途1,500円程度徴収することは可能
5) 全体の研修費(学生1名あたり3000円~5000円税別)の見積もり
→木曜日までにFAXいただく→和倉さん→頂きました。
6) 一人数百円のリクリエーション保険(全行程3日間について)を研修費に含めていただく。→和倉さん
7) 2日目に学生がまちを歩き回る事に関する区長さんへの事前の連絡→和倉さん
8) メディアへの投げ込み
 ・石川県側については和倉さんが担当
 ・静岡県側については富士常葉が担当
9) 宿泊費・研修費用・昼食代・バーベキュー代の支払い方法