穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 宮城県七ヶ浜町報告【第 17 報】仮設住宅入居者説明会の開催 | メイン | 【募集】宮城県七ヶ浜町支援ボランティア第 11 ~ 14 陣 »

TOP> 穴水町商店街復興委員会・事務局

日本の電力不足に思う事

日本の電力不足に思う事

先日、東京のお客様が4人連れで来店されました。
この方は、反原発の運動をされている方でした。

この方が言われたのは、看板税を設ければ良いと言われていました。
都会の方に行けば、ネオンチカチカで昼間の様です。

ネオンチカチカは大手の看板が多いから、看板税を設ければ
一石二鳥だと言われていました。

ヨーロッパの方では、朝までネオンをつけている都市は少ないと聞きました。

日本の上から下まで、夜の12時になったら看板やネオンを消して
営業を続ける所は、店の中の電気だけをつけて商売すれば良いと思います。

安全の為に町の中の電信柱の電気だけをつければ良いと思います。

この間のテレビで、東京の方が数名話されていました。
駅などの照明を、初めて節電で落とした時に、暗いかなァと思ったと。
でも今は、慣れて全く暗いとも思わないし、駅の中で何の不自由もなく
通勤していると話されていました。

今までの日本は明る過ぎたんだと思います。
少しくらいの不自由は日本国民が共有すれば良いと思います。

北海道から沖縄まで12時になったら看板、ネオンは消す。
そうすれば、凄い電気の節約が出来ると思います。