穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 復興大市特別催事・ウルトラマンがやってくる | メイン | 能登半島地震復興とさらなる発展を目指して »

TOP> 穴水町商店街復興委員会・事務局

能登半島地震 最初の春を迎える -これからの復興に向けてー

◇能登半島地震 最初の春を迎える -これからの復興に向けてー◇

今日、事務局は金沢市の石川県文教会館で、谷本知事との座談会に出席します。

3月25日の能登半島地震以降、地元住民や関係市町は勿論のこと、それぞれの立場の方々が復興に向けて立ち上がりました。
その状況や施策について谷本正憲知事を交えての座談会です。

コメント (2)

でんでん虫:

お久し振りです。志多民という穴水の文芸誌 いろはで千円で販売しますが それに地震特集で いろんな人の声を集めています。短歌や俳句も 工大の先生も生徒も ゴミの担当の幸前さんも。。です  この前 川島の空き地で子どもたちが 遊んでいました。昔の空き地で遊ぶ子どもみたいに
相変わらず 子どもの居場所がないままなのに たくましいよね。そして その姿に励まされます。そうそう 声をだして 駅のトイレ改善されました。男と女が分けられました。当たり前だけど 当たり前にできなかったことでした。

でんでん虫さんへ
いつもコメント有難うございます。
駅のトイレの不備は聞いていました。
改善されましたか。
良かったですね。

このような事が多くありますね。
当たり前の事が当たり前に出来ない。
一つずつですね。

事務局の孫もたくましいですわ(笑い)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)