穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 第二回穴水町素人川柳大会全作品9 | メイン | 第二回穴水町素人川柳大会全作品10 »

TOP> 穴水町の未来を考える・・復興ふれあいサロン

11月のサロンの記録

皆様

ご無沙汰しております。11月のサロンの記録をお送りします。

11月の復興サロンは(株)和倉さんのご厚意で初めて江尻屋さんの中で行われま
した。

江尻屋さんは大変しつらえのよいお宅で、和室に車座になりながらなご
やかに進みました。
やはり、「場」というのは環境も含めて「場」なのですね。


(株)和倉から江尻屋の店番を任されているのは、河原さんです。
河原さんは穴水の甲出身。

これまで金沢で仕事をされていましたが、これを機に穴水に
戻ってこられました。

○今回の話題
・富士常葉大学の研修について

・今後の穴水の語り部さん候補について

松田 おばちゃん、おばあちゃんも入れたい
江口 ぼらまちやぐらに乗っている人はいないか?
竹端 ご子息の方ならいるかも。
   ぼらまちやぐら一基ぐらい開放できないか?
   使ってないのがもったいない。

・七尾の一本杉どおりの視察について

・江尻屋プレオープンについて 12月20日
 盛大な感じでやろうとしていたが、今回12月20日はプレオープンとして事務所
開きをやる形にする。
江尻屋としてのオープンは、3月の地震の2周年の日に設定してイベントをやりたい。

・まちづくり住民組織について
まちづくり会社として和倉がその機能を果たしてくれるので住民組織は、周りの
町民の理解を得つつゆっくり進める。

当座このサロンのメンバーは、まちづくり会社としての(株)和倉を応援していきたい。