穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 穴水中心市街地 創造的復興プロジェクト事業 起工式 | メイン | RSYの松田曜子さんからの報告 »

TOP> 穴水町の未来を考える・・復興ふれあいサロン

5月の穴水の未来を考える会報告

◇5月の穴水の未来を考える会報告◇

みなさま

松田です。遅くなってしまいましたが、5月の考える会の報告をお送りします。
・議事録 と
・椅子チームの活動報告です。

5月25日(日)復興サロン
午後7時~ 穴水町商工会にて
参加者:23名
       吉田(京大) 竹端 池上 岡崎 吉村 森田 七海
       高島(富士常葉)
                           
       松田(RSY)吉村谷内 加藤 廣瀬 江口 豊田 米原・西田・高橋(高専学生)

■イスチーム
・今月は特に進展がなかったが、明日各店舗に設置の呼びかけをする。参加できる方は1時ごろから行うのでぜひ協力を。

・高専の椅子制作は津幡町とも行っていて、実際に製作に取り掛かれるのは10月以降。

・穴水の町内で作ってほしい。できたものが来るよりも自分達で作ったほうが愛着が持てる。

・地元の森林組合にお願いするなら、穴水の管轄は能登森林組合。

■川チーム
・プランター40個をカバーをする木に防腐剤を塗って、車庫の中に入れておいたらこのにおい。(一同笑)

プランターには「はないちもんめ」という名前をつけて今週末を利用して護岸のところに並べたい。

高校生が仮設住宅の表札を書いて家にぶらさげた。同様に、プランターにも看板をつけて自分達の書いた物がここに残っているということをしてほしい。

6月9日の知事が来る前には並べたい。

・川掃除は6月の第1土曜日が町内の清掃、第2土曜日が知事がやってくるので、もう少し後になる。

・川掃除は内輪でやってはだめなので、告知をしてもらいたいね。

・高専生は6月10日と7月22日であれば来ることができる。

・(写真の説明)簡易ろ過システムの概要図。穴水の下水の普及率は全体で25%、5カ年計画でも28.5%まで普及できたら上出来というレベル。

それでも川を綺麗にしたいということであれば浄化システムを考えていかないといけない。

高専としてはホットちゃんの前に置いたら啓発活動になると考えている。

・(近江八幡見学の説明)近江八幡のお城の周りの堀は昔は非常に汚い川(30年前)だった。埋める計画も出ていたところをJCの人たちがきれいにした。

きれいになってくると予算がついてくる。今では映画のロケもやる。

江戸の町に見立てて暴れん坊将軍のロケ。

・高専、建築でのまちなみ周景の取組で1000分の1の穴水のジオラマを作っている。
1800×1800。

■サテライトオフィス チーム
・前回人を集めてやるといいながら出来ていないが、どうやって運営していくかを詰めていかなければいけない。

・直す経費よりも、誰が何をしたい、こういう風に使いたいという意向があったほうがいい。目的がはっきりしないと。

・町の人には縁側。外の人にはゲート。発信基地。

・今の段階で一般旅館にするのは難しい。

・あるところでは、みんなが管理をしに来ると解釈して乗り切った。宿直をみんなでしにくると考える。

・県は今交流居住を進めている。現実的にそういう流れは来ているので、実験的にできると面白い。

・渚さんのところに来ている作業ボランティア(田舎時間)にも加わってほしい。

・それぞれの立場で江尻屋さんの使い道を考えなければ。土台がいるので作ってきてほしい。

・江尻屋の構造がわからないので岡崎さんが今度図面を持参する。

■その他
・カフェローエルの日付8月23か30日。

・(岡崎)穴水のHPにふるさと応援隊、発見隊の見出しが貼り付けてある。ふるさと応援隊は穴水と縁がある人で、穴水のファンの方の登録いただければ、いろんな役に立つ情報を送る。

ふるさと発見隊は、写真のコンテストをして、来年3月の復興イベントのときに賞品があたる。

カフェローエルの写真展と連動してやっている。

・イスチームの椅子設置お願いに参加させてもらいました。
今まで入ったことのないお店にもたくさんお邪魔することができました。

幸寿司さんの前の薬局(お名前を失念してしまいました)で店主と我々が「あの椅子がいい、この椅子がいい」と立ち話しているのを遠くから眺めていたおばあちゃんがお一人いて、我々が立ち去った後ふと後ろを向くと、興味深げに店主と話しつつ椅子に腰掛けてい
ました。

そんなにすぐ椅子の効果がでるわけない!、と笑いながらも、徐々に効果が出てほしいなあと願うイスチームでした。

・江尻屋さんの話も少しずつですが進展を見せています。
サテライトオフィスチームは、「江尻屋チーム」に勝手に改名させていただきました。

次回は何かしらのご報告ができるものと思われます。

・知事さん穴水来町の成果はいかがでしたでしょうか?
復興ブログ等でのご報告楽しみにしてます。


さて、少し長くなりますが、お知らせです。
ご存知の通り、海外で大きな災害が多発しています。

RSYや震災がつなぐ全国ネットワークでは、今後市民ができる国際支援を考えようとしています(詳しくはRSYのホームページをご覧ください http://rsy-nagoya.com/ 。)

どういう案がまとまるかまだわかりませんが、一つの可能性として、気持ちを「ホット
ちゃん」のような形にして表し、つなげることができないかと考えています。

穴水のみなさまにもアイデアや、できることの提案をしていただきたく、心に留め
ておいていただければと思います。

ではまた!