穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 能登の花ヨメ応援募金 | メイン | ホッちゃん順調に来ています »

TOP> 穴水町の未来を考える・・復興ふれあいサロン

穴水の未来を考える会

◇穴水の未来を考える会◇


特定非営利活動法人レスキューストックヤードの松田曜子さんが
書いて下さいました。


特定非営利活動法人レスキューストックヤードの栗田さん、松田さん
京都大学の多々納先生、吉田さんには震災直後から穴水町に入って頂き
いろんな事を教わっています。

1年たった今でも毎月25日には穴水町の商工会で◇穴水の未来を考える会◇で
ご協力をして頂いています。

穴水町の皆様、町外の皆様もどうぞ参加して下さい。
宜しくお願いいたします。

穴水の未来を考える会


3月25日は地震から一周年。

毎月25日に開くと決められた「穴水の未来を考える会」はこの日も開かれました。
参加者は普段より多めの13名。
少しずつ、
新しく参加する人も増えてきました。この日の課題は、

1.いすについて

2.川について

3.サテライトオフィス(学生等外部者の活動・宿泊拠点)について
の3つでした。

各分科会「チームいす」、「チーム川」、「チームサテライトオフィス」の人員を決めて、次回会議ではチームごとに進捗状況・問題を報告することにしました。

チームいすは、この会でずっと話題に上がっていた商店の前にいすを置く企画を進めます。

各商店さんにご協力を請うとともに、置けるところからベンチも置きたいと考えています。

ホットちゃんの周りにも座るところはありませんからね。

チーム川は、穴水の誇りである川の掃除をメインに、美しい川作りのため、子ども達と一緒の水質調査などを進めていきます。

近い将来、川に屋形船やB&Gに眠るカヌーなども通したいですね。


チームサテライトオフィスは、学生やNPOなど外部者の活動拠点となり、かつ店舗としても活用できるような場所づくりを進めます。

みんなから少しずつお金を集めて、穴水を愛するヨソモノの止まり木となる場所が目標です。


次回会議も4月25日に開かれるほか、各チームも独自に集まりを持ちます。

みなさんどなたでもご参加ください。