穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 浦野さんからの報告 岩手・宮城内陸地震(9報) | メイン | RSY浦野さんからの報告。岩手、宮城内陸地震【10報】 »

TOP> 穴水町の未来を考える・・復興ふれあいサロン

穴水の未来を考える会

穴水町復興サロン
穴水の未来を考える会2008年6月25日(水)19:00~
穴水町商工会議所2階会議室


加藤さん
挨拶
前回のまとめ

●椅子チーム苗代さん
・各商店に呼びかけ
・とりあえず10店舗ほどでイスの設置が実施
・それぞれの店で準備
・まずまずの利用がある

●川チーム加藤さん
・木製プランターを川に設置 40個
・川を廻る活動
  7月から8月 日取りは近々
・7月11日(金)  柳川堀割物語 上映会
・北前船は沖合に伝馬船がきていた
・カフェローエル 8月23日(土)

廣瀬
・水質調査も予定
・簡易浄化システム 高専でつくる
  ホットちゃんの脇に7月22日設置予定
・グラウンドデザインのワークショップで海・川が大切という結論
  第1次産業 漁業従事者の人口僅少
   海や川を奇麗にしていこうという勢力が弱まっている
・北陸中日新聞6/17「河川護岸の石積み再生」の記事紹介
 本年度の3箇所 穴水の石積み護岸が残せそう
 復興対策室 東さん 詳しく確認できていない

●サテライトオフィスチーム池上さん
・江尻屋さんから借りられる
・江尻屋の意匠も大切に 江尻屋チーム
・母体となる、まちづくりの組織をつくりたい
・コミュニティーの再生の拠点にしていく

岡崎
・池上さんの会社が入って事業展開というてもあるが
 まちづくり会社とした方が内外の人にわかりやすい
・賃貸料・共益費 月8万円をどうするか
・4分割案 
・組織の運営 池上さんの会社、商店街、未来の会、学校関係
・図面を提供 江尻屋さんのお気持ちを察しコピーせず巡覧
  空き店舗対策事業の際に予算建てのために用意した資料
・田舎時間 都会と田舎の交流事業 ゆくゆくは飲食も
・会計は直接話ができる人が望ましい

北川
・セガの保養研修の話は諏訪に行ってしまった
・ホットちゃん排水が川に直結なのではいってもらったら
岡崎
・それなりに原資がはいっている

・ホットちゃんもイス5席
・ホットちゃん2号店とかになっていけば
北川
・補助金無くなったときに、地に足がついている
加藤
・衰退商店街に空き店舗対策は難しい
吉田
・月1000円出してくれる人がこの町にどれだけいるかにかかっている

唐川
・事業を興そうとしているときは、当初出来る限り想定
・入りと出をシビアに見極める
・特に入りは当初は集まりやすいが
・参加している人がメリットを感じられるように
・公民館活動年間1000円 地域外までよびかける
・穴水物語 地震が起きてからここに至るまでの 新聞ミニコミ誌など
・発信側も努力していく

吉田
・出身者に情報提供し資金を得る
  民間の ふるさと納税

・皆に課題 活用方法を考えて、提案する

唐川
・橋が多い町 名前とともにストーリー

苗代
・中央商店街で川柳を募集する
小林
・花をおきはじめた
・動き始めたなという感じ
岡崎
・能登ケーブルネットで商店街にもライブカメラを
松田
・能登の物産 7月にアナウンス 8/25にも
廣瀬
・石川高専主催のフォーラムについて
  8月23日 カフェローエルにあわせて開催
  会場 JAはダメ 関係者以外の利用を拒絶
     勤労者体育館を穴水中に問い合わせ
     B&G海洋センター 難しそう 利用率全国5位とのこと
     商工会が良いと 大方の意見