穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 仮設住宅から新築の家へ | メイン | 穴水町護岸工事始まる »

TOP> 穴水町の未来を考える・・復興ふれあいサロン

よみがえれ!穴水商店街

◇よみがえれ!穴水商店街◇

今日、穴水町役場3Fホールで、震災復興祈念シンポジウムが開かれました。

被災地域の商店街に関わる町民が中心となって継続的に開催されてきた【復興サロン】の成果を発表し、今後の復興の為の道筋を共有し、実践していくための方策を考えていく。

復興サロンの成果である【穴水町商店街の復興のための行動計画】を発表し、町民や役場関係者、学識経験者の皆さんの応援を受けながら、これからの道を模索していきたいと考えています。

10年後を見据えた計画を作って実践していく決意。

コメント (4)

けいこ:

シンポジューム参加しました。復興サロン…頑張っていたんだな~と感心しました。サポート陣営も優れており一歩一歩確実に前進しているように感じました。穴水町の復興に商店街の活性化は欠かせないものと思いますのでこれからも益々頑張ってください。シンポジュームにもありましたが、商店街の拠点となるようなものが必要ですね。休憩するところ、トイレ、勉強できるところ、公園…などが欲しいということでしたが、図書館があるといいですね。休憩も勉強もトイレも公園(庭?)も図書館で解決できそうです。お金はかかりますが商店街の中心に図書館があり町民の憩いの場となっているのはいいですね~。老後、この町で過ごせるだろうか?という観点でシンポジュームに行きました。小さくまとまらないで、多くの人を巻き込み、よそ者もバカ者も巻き込み、優秀なサポート陣営から自立することも見据えて益々のご活躍を期待いたします。

けいこ様
コメント有難うございます。
事務局も最初の頃は数回、復興サロンに出席をさせて頂きました。

この復興ブログも、その時に意見を言って出来たブログです。

かなり活発な意見が飛び交っていました。
それは人の意見の批判ではなく、人が自由にいろんな意見を出す場でした。

その意見をまとめた、集大成が昨日発表されたと思います。

商店街も含めて住民、一人ひとりの努力にかかっていると思います。

これからも、この復興ブログにいろんなご意見やアイデアがありましたら、遠慮なさらずに教えてください。

コメント有難うございました。

nami:

シンポジウム参加していました。正直、感動しました。
ピンチをチャンスに。ある意味、震災がなかったら、これだけのサポート陣が穴水に協力してくれるチャンスはなかったでしょう。商店街の皆さんが力を合わせていて、前向きにがんばっている姿に感銘を受けました!
これからも、同じ能登の復興に向けてがんばりたい、と思いました。ありがとうございます。

nami様
コメント有難うございます。
今が本当にピンチをチャンスに切り替えるときですね。
お互い能登の為に頑張りましょうね。
又、良い意見がありましたら教えてくださいね。
有難うございます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)