穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 震災がつなぐ全国ネットワーク | メイン | 輪島から見える七ツ島 »

TOP> 能登半島の旨い食

能登は寒ブリの季節

能登は寒ブリの季節

能登は寒ブリの季節<br />

能登では、12月に初旬頃から、猛烈な風が吹き荒れ雷が鳴り響きます。
能登ではブリ起しと呼んでいます。

鰤は7月頃から北海道を目指し北上を始めます。
10月頃より産卵の為に南下を始めます。

そのブリが能登町の定置網に入ります。

能登の海は、能登半島の山々から沢山のプランクトンが流れています。
豊富なプランクトンは小魚の餌になり、ブリはその小魚を食べて丸々と太ります。

暖流から寒流の流れに乗り、脂がのって身が引き締まったブリの誕生です。

今年も去年の様な大豊漁になれば良いんですけどね。

宇出津の市場には日に50本程のブリが水揚されています。
今年は大きいブリが目立ちます。

値段は10キロ越えでキロ4500円位しています。
この値段では、中々手が出ません。

これから寒くなり雷が鳴り始めたらブリがきます。
値段も、まだまだ安くなると予想しています。

宇出津の市場にあがるブリは、10キロ越えになると水色のタグが付きます。
このタグが付きますと豊漁でも値段が下がりません。(去年は下がりました)

ですから9.5キロ、9.8キロの10キロすれすれの寒ブリを探します。
これで十分、上質の脂ののったブリです。

ブリで捨てる所のない魚です。
身の方は刺身、ブリシャブ。
尻尾の方の身は焼き物、ナマス。
皮は、鱗を丁寧に取り除いてから、細く切り葱を入れて酢味噌和え。
骨はブリ大根
ブリカマは塩焼き。
頭は、そのままボイルしてぽん酢をかけて食べる。
または、塩焼き。
内臓は苦い部分を取って、胃袋を開いて掃除をしてからボイルして
食べやすい大きさに切り葱、唐辛子をかけ酢味噌で頂く。

エラは掃除をして塩で漬け込み半年程したら、取り出して塩抜きをします。
そのエラを出刃庖丁で細かくなる様に叩きます。

そこに味噌や薬味を加えて出来上がりです。