穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« RSY会員の加藤正尚さんの報告 仙台・宮城内陸地震と四川省地震の募金 | メイン | RSY栗田さんからの報告 岩手・宮城内陸地震 »

TOP> 穴水町復興イベント

穴水町イベント予定記載・まちづくりと穴水の歴史

穴水町まちなか再生協議会 活力再生検討部会部会たより【2008.6.19 No.1】

もくじ:講演会「まちづくりと穴水の歴史」

ビューポイント探し隊員になりませんか

次回の部会会議は・・6 月中旬です

6 月・7 月のイベントや企画の実施予定・講演会「まちづくりと穴水の歴史」

5 月15 日(木)、協議会のアドバザーをお願いしている東四柳史明先生(金沢学院大学文化財学科教授・長谷部神社宮司)の講演会を開きました。

穴水町イベント予定記載・まちづくりと穴水の歴史

まちづくりを進めるうえでのポイントは、「今あるものに目を向けて、磨きをかけて、外にアピールして自分たちももっと自信を持つこと」とのお話しでした。

ビューポイント探し隊員になりませんか

4 月18 日(金)に開かれた第1 回の部会において、「ビューポイントの整備」につい
て皆森陽一さんを中心に活動を進めていくことになりました。

ということで、「ビューポイント探し隊」を結成し、「隊員」としてその地域での
四季折々の写真を撮ってもらうメンバーを募っています。

身近な場所を自分のビューポイントとして決めて、その場所での四季の風景やで
きごとなどを撮りためて、町内外に情報発信していこうという試みです。

必ずしも観光パンフレットに載るようなキレイな場所やお祭りだけでなくて、歴史とか文化とか、生活感のあるまちなみなど、さまざまなものを対象として、穴水の日常の風
景を再認識していきたいと思います。

「同じ穴水町民でも、他の地域から見た風景は意外と認識がないもの。
諸橋から見える立山と曽福から見える立山では角度が違うので違って見える、なんて、みんな知らないでしょ。」

本格的な写真でなくても、携帯電話のカメラでも充分OKです。
ポイントを決めることで、その場所の環境をキレイに維持・保全してこうという効果も期待しています。

詳しくは、次回の部会において皆森さんからお話しがある予定です。

6 月・7 月のイベントや企画の実施予定
町内で行われているさまざまな取り組みについて、広く知っていただくため、部
会で集約したイベントや企画などの情報をカレンダーにまとめて記載していきます。

なお、期日などが未定のもの、新しく入った情報などについては、復興ブログに追
加情報を記載していく予定です。

復興ブログもどうぞご覧ください。

復興ブログ「がんばらんかいね能登穴水」 http://www.anamizu-fukkou.com/

6月15日(日)~7月15日(火)■まいもんまつり「夏の陣」さざえまつり(まいもんまつり加盟店 赤い幟旗が目印)
町内の各加盟店で「さざえ料理のフルコースや各店自慢の単品を提供。
予約が必要です
(問い合わせ先:まいもんまつり実行委員会0768-52-3670)


■穴水町まちなか再生協議会 活力再生部会第3 回会議(商工会会議室)
(問い合わせ:穴水町商工会 0768-52-1136)

21日 土曜日
■復興市(10 時~15 時 穴水中心商店街内各所)

・穴水市街地商店街内の空き地等で、農産物や手作り工芸品などの販売。
4 月から11 月の毎月第3 土曜日に開催予定。
(問い合わせ先:中央商店街事務局 清水さん(きよみずや))

21日 土曜日
■虫送り祭り(宇留地地区)

・別名「ウンカ祭り」。稲につく害虫を追い払う伝統行事。
夜、流し旗と御幣を持つ人を先頭に松明が続き、
太鼓に合わせて声を唱えながらあぜ道を歩く。
(問い合わせ先:宇留地地区長 葭原さん 0768-52-1136)

25日 水曜日
■復興サロン(19:00~商工会)

19日 土曜日
■夕市(10 時~15 時 穴水中心商店街内各所)

・穴水市街地商店街内の空き地等で、農産物や手作り工芸品などの販売。
4 月から11 月の毎月第3 土曜日に開催
(問い合わせ先:中央商店街事務局 清水さん(きよみずや))

20日 日曜日
■第46 回長谷部まつり(穴水町内・穴水湾一帯)

・「長谷部信連」を偲ぶ信連武者行列、踊り流し、音楽パレード、神輿等の市中パレード。

クライマックスは、波静かな穴水湾で繰り広げられる色とりどりの提灯で飾られた屋形
船・灯籠流し・花火大会等が盛大に行われる。
(問い合わせ先:長谷部まつり実行委員会0768-52-3670)

25日 金曜日
■復興サロン(19:00~商工会)

26日 土曜日
■中居キリコ祭り(中居地区)

・中小のキリコと山車が集落内を練り歩く。クライマックスには広場に建てられた大松明に火がつけられ、御幣を若衆が奪い合う。御幣を取った集落は五穀豊作になると伝えられ
ている。
(問い合わせ先:中居地区神杉神社0768-56-1344)