穴水町復興対策会議能登半島地震復興支援ブログ

« 能登穴水町志が浦の春祭り | メイン | 穴水町の絹もずく »

TOP> 穴水町

能登の蒔絵石

◇能登の蒔絵石◇

能登の蒔絵石

自然石の表面に蒔絵が施してあります。

自然石の持つ色、模様、形の妙、それと漆ならではの
光沢、それらを合わせて一つの作品にすることで、それぞれの
持つ魅力を引き立たせようと考えて出来たのが石蒔絵です。

石蒔絵を日常生活の傍に置き見て触れる事で漆を身近に感じ
自然石と漆の美に心が和み笑みが浮かぶ一品となるでしょう。

トンボの図柄は戦国時代から多く使われています。
トンボは勝ち虫と言われています。

兎に角、退かなくて前にしか進まない為に武士に好まれました。

近年、水商売の方々にも縁起物として喜ばれています。